• ウエブサイトから申し込んでください.ウエブサイトの利用が難しい 場合はお問い合わせください.
  • 一般発表の代表発表者(実際に発表を行う方)は,学会員に限ります.
  • 一般発表には,口頭発表,ポスター発表があります. 発表形式の区別のご希望を受け付けますが,口頭発表者はプログラム 委員によって選出されます.
  • 発表形式には、口頭発表とポスター発表があります.
  • 申し込まれた発表がポスター,口頭発表のいずれに決定したかは, 年会ウエブサイトでご確認下さい.
  • プログラムは9月中旬以降にウエブサイトで公開します.

締め切り

  • 講演申し込み・講演要旨締め切り: 8月21日(火)
  • 参加登録費および懇親会費の事前登録締め切り: 10月16日(火)

講演要旨について(仮)

記入項目(例)

  • 発表希望分野 (3)生物系
  • 講演分類 A4-B1-C1
  • 講演申込者: 東工大太郎
  • 郵便番号: 152-8551
  • 所在地: 東京都目黒区大岡山2-12-1
  • 勤務先: 東京工業大学 大学院理工学研究科
  • 電子メール: taro@sci.tokodai.ac.jp
  • 講演題目 二種類のtRNAをアミノアシル化する非区別型AspRSのX線解析(60字以内)
  • 講演者所属 東京工業大学 大学院理工学研究科
  • 講演者氏名 ○東工大太郎・大岡山次郎
  • 同上ふりがな: とうこうだいたろう・おおおかやまじろう
  • 備考: (「ポスター希望」の場合はここに記入)
  • ポスター賞(生年月日、会員番号) (「応募する」場合は生年月日( 年 月 日)と会員番号を記入)
  • 表示機材: PC持参(「口頭」に採択された場合)
  • 講演題目の英文: X-ray analysis of non-discriminating AspRS, which recognizes two different tRNAs (半角文字)
  • 講演者所属の英文: Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology (半角文字)
  • 講演者氏名の英文: Taro Tokodai and Jiro Ookayama (半角文字)
  • 要旨: (100文字程度)
コピー用

記入上の注意

  • 発表希望分野:(1)物理・鉱物系、(2)化学系、(3)生物系、から一つ選ぶ。
  • 講演分類は以下のA群、B群、C群からそれぞれ1つ選ぶ。
A群 B群 C群
A1: 有機 B1: 単結晶 C1: 構造解析
A2: 無機 B2: 粉末 C2: 物性・機能
A3: 合成高分子 B3: 非結晶 C3: 装置・手法
A4: 生体高分子 B4: 薄膜等 C4: ソフトウエア
A5: その他 B5: その他 C5: その他

(例)有機物の単結晶を利用した結晶構造による構造物性研究の場合:A1-B1-C2

  • 講演題目は全角文字換算で60文字以内。上付き、下付き、イタリック体、ギリシャ文字、オングストロームはLATEXの書式に従って下さい。
    (例)Mn$^{2+}$のMnCl$_{2}$中における挙動、¥textit{ab initio}法による比較、$¥lambda$=1.5¥AAにおけるX線小角散乱法。
  • 講演者所属は略称を使用。複数の場合には間に・印を付けて下さい。
  • 講演者氏名が複数の場合は間に・印を付け、発表者には○印を氏名の前に記入して下さい。
  • 講演題目、講演者所属、講演者氏名の英文をそれぞれ記入して下さい。
  • ポスター発表を希望の場合、「ポスター希望」と備考欄に記入して下さい。→ポスター賞について
  • ポスター賞への応募を希望する場合、ポスター賞の欄に生年月日と会員番号を記入して下さい。
  • 表示機材(「口頭」に採択された場合):口頭講演では液晶映写のために Windows PC を用意しますが、ご自身のPCを使用される場合には「PC持参」と記入して下さい。

講演要旨について(仮)

講演要旨作成上の注意(仮)

  • 発表要旨のテンプレートを下記に掲載しますので,それを利用して作成した後, PDFに変換したものをお送りください.講演は縦横それぞれ約70%(面積では 約50%)に縮小され,1ページに2件掲載されます.また白黒で印刷されますので 図表の準備にはご注意ください.
  • 要旨は「テンプレート」を使って作成して下さい。

講演要旨作成要領

  • A4版用紙を使用し、横置き、横書きで、ワープロで打って下さい。
  • 上下2.5 cm、左右2.5 cmずつ余白をあけてください。
  • 講演題目は1行目から、氏名および所属(略称)は3行目から打つ。本文は1行あけて2段組(段間隔1 cm)で打つ。図表はこの1枚の中にはめ込んで下さい。
  • 講演番号記入用に、講演題目は左側4 cmあけてから打って下さい。
  • PDFに変換してからご送付ください.PDFには文字が埋め込まれていること,またパスワードをかけないでください。

講演要旨送付先(メールで送付)

東京工業大学理学院 植草秀裕
送付先(E-mail): crsj2018-abst@chem.titech.ac.jp (事務局)

日本結晶学会ポスター賞について

年会ポスター賞の応募資格は,結晶学会の学生会員でポスター発表の代表発表者であることです.奮ってご応募ください.

応募者は発表申込の際に応募者欄にチェックをお願いします

年会ポスター賞応募者がオーラル発表に選ばれた場合には,同時にポスター発表も行うことを推奨します. ポスター発表を行わない場合には,年会ポスター賞の対象とならないことに注意して下さい.